高収入の可能性が膨らむ

高収入を稼げる可能性がある

自営業の最大の魅力は企業に雇用されないことにあります。企業に属していると給料は会社に決められてしまいます。営業の仕事は成果報酬を導入していることが多いですが、会社の利益の一部を分けてもらう形に変わりはありません。つまり頑張って会社に利益をもたらしても、満足できる収入を得られないことは多いのです。それに対して自営業は、収入の上限が設定されていません。サラリーマンの平均年収は400万円程度という現実があり、年収1,000万円を稼ぐことは相当に難しいです。しかし自営業なら頑張り次第で年収1,000万円をはるかに超える金額を稼ぐことも可能です。頑張りがそのまま収入に直結すれば、高いモチベーションを維持できるでしょう。サラリーマン時代と同じ仕事をしながら、年収は2~3倍にアップしたという話はめずらしくありません。

複数の事業運営ができるのも魅力

会社の場合は副業を禁止しているところが数多くありますが、自営業ならばまったく関係ありません。自由に複数の事業を立ち上げて、収入のパイプを増やすことができます。不景気な時代だからこそ複数の収入源を確保するメリットが大きく、これはリスクの分散にもなります。事業を運営していると収入が安定する時期もあれば、不安定になる時期もあるでしょう。複数の事業運営をしていれば、一つの事業でマイナスになっても、他の事業で利益を得ることができます。投資で例えるとわかりやすいですが、投資先を分散させたほうがリスクは小さくなるでしょう。現実的にサラリーマンで稼げる金額は、超一流の企業でも2,000万円程度で頭打ちになります。それに対して自営業は上限がないので、億単位の年収を得ることも不可能ではありません。

© Copyright International Franchise Association. All Rights Reserved.